デンタルナビ インプラントセンター 「安全なインプラント治療のために」

ゲストさん(ログイン新規登録

デンタルナビ

会員登録後に予約・来院するとデンタル手当がもらえます。

デンタルナビ インプラントセンター 「安全なインプラント治療のために」

近頃インプラントに関して色々な報道があり、デンタルナビインプラントセンターへのお問い合せも急増!
インプラントについてよく知らない新米歯科助手のデン子さんは、デン太先生に正しい知識を教えてもらうことにしました! デン太先生とデン子さんの紹介

安全なインプラント治療のために

デン子さん
先生、安心・安全なインプラント治療とはどんな治療なんでしょう?
デン太先生
インプラント治療の事故は、施術前の診断が不十分なために起こることが多いと言われている。インプラント治療において最も重要なことは、正確な診断を行うことなんだ。
より安全で確実なインプラント治療を行うためには、CT撮影による診断が不可欠だね。
デン子さん
CT撮影とは?
デン太先生
普通のレントゲン写真は平面的になっているね。
CT撮影はコンピュータが処理した正確な断層写真を見ることができるから、骨の厚みや神経の位置を正確にとらえることができるんだ。
的確な診断ができるからより安全性の高い治療を行うことが出来るのはもちろん、撮影した画像を患者さんに見てもらいながら説明することで、患者さんは安心して治療を受けられんだ。
デン子さん
普通のレントゲンでは、ダメなのですか?
デン太先生
歯の全体を把握するには十分だけど、顎の骨の中には神経や血管が通っているんだ。
平面的なレントゲンだと奥行きが分からないから骨の厚みや神経の位置を正確にとらえるのは難しい。経験や感覚で手術を行うことも可能だけど、患者さんにより安全なインプラント治療を受けてもらうためには、三次元的に診断ができるCT撮影がなくてはならいんだよ。
デン子さん
先生、インプラントと骨の量が関係すると聞いたのですが・・・
デン太先生
よく勉強しているね。
インプラント治療においては、骨の厚み(骨量)がどのくらいあるかを正確に把握することが大切なんだ。骨が薄くなっている部分に無理に手術を施したとしても、骨がインプラントを支えることが出来ないためにトラブルの原因になってしまう。だから骨が薄い(骨量が少ない)患者さんは、まず骨を増やす治療から始めてもらおうね。

» インプラントの種類

監修協力

吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
(歯科・矯正歯科・審美歯科・インプラント歯科・内科・皮膚科)

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18 ジョージフォーラムビル5F

TEL:0120-203-640(医科歯科総合案内)
TEL:0120-203-641(インプラント治療案内)
TEL:0120-203-642(セラミック治療案内)
TEL:0120-203-643(矯正治療案内)

JR 中央線・総武線・地下鉄東西線・京王井の頭線 吉祥寺駅(駅隣接徒歩0秒)
無料相談の予約、メールでの無料相談はこちらから!
予防歯科をベースに”機能の回復”と“美の治療”を目指し、審美・インプラント・歯列矯正・ホワイトニングの総合診療を行っています。
【スワン歯科グループ】1999年開院 東京エリア第一号クリニック

タイアップ記事

デンタルナビのオススメ

医院関係者の方へ
掲載をお考えの方へ
ログイン