トップページ歯科治療の基礎知識 > なにがあるの?保険と自費

歯医者の保険と自費診療

なにがあるの?保険と自費

歯科治療で扱う材料には、保険が利くもの(保険内)と保険が利かないもの(自費)があります。 それぞれ、何が違うのでしょう。

〆猯舛違います
診療報酬点数表に定められているものが、保険適用の材料です。それ以外の材料は自費となります。

▲灰鵐札廛箸違います
保険内の補綴(ほてつ)物は大量生産で安価な商品、自費の補綴物は少量生産で高価な商品です。歯科医師の指示のもと、歯科技工士が補綴物を 制作しますが、保険内と自費ではそのコンセプトが違うため、出来上がりも違ってきます。その結果、「持ち」や「フィット感」に違いが出てきます。

それでは材料について説明しましょう。ただし、患者さんの口の中の状態によっては当てはまらない場合があります。

詰め物・かぶせ物

保険内

自費

インレー

金銀パラジウム合金
保険材料でよく使用される歯科用金属のひとつです。12%は金が入っています。

コンポジットレジン(CR)
プラスチックに似た感じの、白い合成樹脂です。強い光を当てることにより固まります。軟かく、長い年月で変色し易いです。

銀合金
保険材料で使用される歯科用金属のひとつです。軟かくて磨り減りやすく、主に乳歯に使われます。

インレー

金合金
金銀パラジウム合金よりも金の含有量が多く軟らかい金属です。金属アレルギーの心配は少ないです。

セラミックインレー
陶材でできています。色が白いので歯に色調がマッチします。変色しにくいですが、硬さは硬く修理しにくい材料です。 金属アレルギーの心配はありません。

ハイブリッドセラミック
粒子が細かいレジンでできています。色調は白く、セラミックに比べ透明感が低いものの、それより軟かく、 レジンより硬く歯の硬さに似ています。金属アレルギーの心配はありません。

充填

コンポジットレジン(CR)
プラスチックに似た感じの、白い合成樹脂です。小さい虫歯を削った後などに詰めることが多いです。強い光を当てることにより固まります。軟かく、経時的に変色し易い。

アマルガム
水銀と銀を混ぜて使用する最も古くから使われている銀合金です。

グラスアイオノマー
白い色をしたセメントです。フッ素を放出し虫歯になりにくくするという特徴を持っているものもあります。 コンポジットレジンに比べ磨り減りやすいです。

充填

金箔充填
金箔を少しずつ詰めていく方法です。接着剤などはまったく使わず、金のみをつめます。 時間がかかりますが、緊密に詰められます。硬さは軟かいです。

クラウン

金銀パラジウム合金
保険材料でよく使用される歯科用金属のひとつです。12%は金が入っています。

銀合金
保険材料で使用される歯科用金属のひとつです。軟かくて磨り減りやすく、主に乳歯に使われます。

硬質レジンジャケット冠
冠全部がレジンというプラスチックに似たものでできています。見た目は歯の色と似ていますが、やや変色し易く割れやすいですが 修理し易いという特徴があります。

硬質レジン前装冠
金属とレジンによってできています。外から見える部分のみ白い色になっています。 見た目は歯の色と似ていますが透明感は少なく、またやや変色しやすいです。

クラウン

金合金冠
金銀パラジウム合金よりも金の含有量が多く、軟らかい金属です。金属アレルギーの心配は少ないです。

オールセラミックジャケット冠
すべて陶材で出来ています。色が歯にとても近く歯に近い透明感を出すことができます。 汚れが他の修復物に比べつきにくいです。変色しにくいですが、強度は弱いです。 金属アレルギーの心配はありません。

ハイブリッドセラミック冠
粒子が細かいレジンでできています。色調は白く、セラミックに比べ透明感が低いものの、 それより軟かく、レジンより硬く歯の硬さに似ています。金属アレルギーの心配はありません。

メタルボンド冠
金属と陶材によってできています。外側の外から見える部分のみ白い色になっています。 色が歯にとても近く歯に近い透明感を出すことができます。汚れが他の修復物に比べつきにくいです。 変色しにくいですが硬さは硬く修理しにくい材料です。

ハイブリッドセラミック前装冠
金属とハイブリッドセラミックによってできています。内側は金属でできています。

※歯が無くなった部位の両隣の残った歯を削って土台にして橋渡しのような形にしたものをブリッジといいます。

入れ歯

保険内

自費

レジン床
保険でよく用いられるプラスチックの入れ歯です。厚みはありますが調整や修理がしやすいです。

スルフォン床
スルフォン床はレジン床に比べ熱に強く、吸水が少ないため臭いもつきにくく、また丈夫で割れにくい入れ歯です。 変形も少ないです。又アレルギー症状も少ないといわれますが、修理が難しいです。

クラスプ
入れ歯を安定させるための、いわゆる「バネ」です。調整するのはそれほど困難ではないですが曲がりやすいので金属疲労により 折れることもあります。前歯のほうに掛かる場合は見た目もよくありません。

金属床
薄く、熱をよく通すので違和感が少なく食べ物の味がよく分かります。変形が少なく残った歯に対して安定した力を掛けやすくなります。 また、チタンなどの材料を使用すると重さを軽くできます。

クラスプ(自費の場合)
より安定した力を残った歯に対してかけやすくなったり、見た目が良くなったりと材料や、形を自由に作ることが出来ます。

アタッチメント
磁石や、鍵のような構造をしているものなどを使用し、クラスプを用いたものよりも見た目がよく、維持もよいです。 ただし壊れると修理するのは困難です。

その他

自費

ブリーチング

オフィスブリーチング
院内で歯科医師がレーザーなどを用いて漂白を行うものです。専用の液を歯に塗り、ホワイトニング用のライトで強い光をあてます。 30分ほどかかりますが、白さの調節が可能で、治療後はすぐに白い歯になりますが、後戻りすることがあります。

ホームブリーチング
歯科医師の管理のもと、患者さん自身が自宅でブリーチングする方法です。歯形をとり、マウスピースを作ります。 自宅でマウスピースに溶液を入れて、所要時間口腔内に装着します。これを2週間続けます。 歯が汚れたら再度使用することができます。

インプラント

歯の抜けた部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋入し、その上に支台部と人工の歯を固定する治療法です。


(監修:ユニゾンデンタルオフィス 麻生昌秀先生)

篋我腱若鴻罘純緇臂羃紫絲臂祉ゃ潟潟紙罩c祉ゃ潟違膩荐榊茵c障
鴻恰腱違若1999綛顔 延根∝筝垩

歯医者さんタイアップ記事

オススメの歯医者さん

歯科関係者の方へ
掲載をお考えの方へ
ログイン